b0003400_10094026.jpg
一本引き扉を閉じたところです。
室外側から見ると、木枠と扉の間に隙間が空いていました。
この隙間は一律に空いているのではなく、弓状に空いていました。
これは扉が反ってしまったためです。

原因として、室内外の温度湿度の違いが大きいことが考えられます。
対策としては、廊下も室内と同じに冷暖房を行うことであったり、室内の冷暖房を控えることであったり、冷暖房の方法を変えたりすることです。
ただし、そう簡単なことではありません。
扉の開け閉てに問題がなければ、隙間をモヘア状のテープなどで塞いでしまう手があります。

[PR]
b0003400_18310076.jpg
居室に設けられていた換気口です。
カバー(ガラリ)が無くなっていました。
きっと換気口からの冷気をシャットアウトするため、カバーを外したうえで何かを押し付けて、換気口を塞いだものと思います。
それであっても、換気口周辺は冷たくなってしまい、結露を起こしカビが発生していました。

このような場合は、カバーを外すだけでなく、換気口内へ断熱材を押し込んで、換気口の断熱性を上げてやるべきです。
換気口内へ押し込む断熱材は、紙を丸めたものやプチプチなどでいいでしょう。
ただし、換気口としては使えなくなります。




[PR]
# by safetycap01 | 2018-01-12 18:45 | 設備 | Comments(0)
b0003400_19010137.jpg
築15年程度の木造住宅です。
樹脂製雨樋の地面に近い部分が劣化して、穴が開いていました。
このような状態になっていたのは、この雨樋だけではなく、他の雨樋でも同様でした。
築15年程度で、このように劣化した樹脂製雨樋は見たことがありません。
地面に近い部分ということで、何らかの薬剤を散布したのでしょうか。
原因は不明ではありますが、このままでは雨樋を下水に接続する意味がありません。
部分的に新しいものと交換したうえで、塗装を行うなり、テープを巻くなりして、外的要因から保護してみてはいかがでしょうか。

[PR]
b0003400_17575643.jpg
廊下と居室を区切っている室内建具(引戸)の下枠です。
廊下のフローリング、居室のフローリング、室内建具の3点は同じ大手メーカーの製品です。
それなのに、下枠のみ表面が剥げてしまっていました。

使い方が激しくて、下枠とフローリングが同じように剥げているのならわかります。
そうではなく、下枠のみ剥げているのは考え物です。
この点が解消されないかぎり、このメーカーの室内建具は使いたくありません。

[PR]
b0003400_18464015.jpg

30mm厚の針葉樹合板(ラーチ合板)を用いた本棚です。
固定棚は方立(縦板)を掘り込んで固定しています。
可動棚も方立に溝掘りして、そこに差し込むようになっています。
厚さ30mmの合板を用いているため、全体的にごつくなっていますが、針葉樹の木目と相まって雰囲気はいいと思います。

都合のよい端材が出たならば、同じようなものを作ってみたいのですが、なかなかこれだけの端材は出てきません。
かといって、新品の厚物針葉樹合板の価格は、ホームセンターなどで販売されている組立家具よりも高価になってしまいます。
[PR]
b0003400_18454760.jpg

扉がうまく閉まらない。
閉まったとしても、すぐに開いてしまう。
お客さんより、以上のような話がありました。
状況を確認に行ったところ、写真のような状況でした。

なにが悪いのかというと、ラッチボルト(出っ張ったり引っ込んだりする部材)の向きが逆向きに取付けられているからです。
ラッチボルトは、閉まるほうに傾斜がついていて、扉を押せば閉まるようになっており、開けるときはレバーハンドルを回さないと開かないようになっています。
それなのに、こちらではラッチボルトが逆向きになっていたため、閉じるときはなかなか閉まらず、開けるときは簡単に開くようになっていたというわけです。

じつは、ラッチボルトの向きは、扉の開き勝手に応じて、簡単に変えることができます。
それゆえ、取付けの際に、簡単に間違えることもあるということです。
ちなみに、直すのも簡単です。
[PR]
b0003400_17524355.jpg

白色のカラーボルトの頭部が剥げていました。
締め付けるのにボックスレンチを用いずに、モンキーレンチなどを用いてしまったせいだと思います。
ただ、ボックスレンチを用いたとしても、使い方によっては剥げてしまうことがあります。
特に回し過ぎてしまうと、ボルト頭部が剥げるだけでなく、母材のほうも剥げてしまうことがあります。

初めからカラーボルトが付属している場合、カラーボルトを用いずに、通常のステンレスボルトを用いてしまう手があります。
ただし回し過ぎには注意が必要です。
[PR]
b0003400_17563856.jpg

土台が基礎に接する部分がえぐれています。
これは、白アリや木材腐朽菌によるものではなく、ネズミが出入りのために齧って開けてしまったものです。
ネズミの出入りのためのものなので、これ以上広がることはないしょう。
これが白アリや木材腐朽菌によるものならば、この大きさでは納まりません。
ちなみにこの土台はヒバ材で、白アリや木材腐朽菌には強い樹種です。

とにかく、この出入口はふさがないといけないのですが、その前にネズミ退治が必要となります。
ネズミをそのままにしていては、再び同じことが起きるだけです。
[PR]
b0003400_2131975.jpg

2階の玄関扉です。
3連式の引戸が用いられていました。
3連式の引戸は広い開口が得られるため、車椅子での出入りが行いやすくなります。
ただしこちらはエレベーターもリフトもない2階ということであり、車椅子での利用は非常に難しいはずです。
何のために3連式の引戸にしたのか、疑問が持たれるところです。
[PR]
b0003400_21301967.jpg

石膏ボード下地の壁面に、ボードアンカーを用いてL型フックを設置しているところです。
L型フックには物干しハンガーが掛けられていました。

L型フックは、最初のうちは問題なく設置されていたようですが、しばらく経ってから斜めに傾いてしまったようです。
これは、物干しハンガーを掛けたり外したりしているうちに、ボードアンカー周辺の石膏ボードが壊れてきたためでしょう。
このままでは、L型フックは抜け落ちてしまうことでしょう。

このような場合には、耐力に余裕のあるボードアンカーを用いるか、ボードアンカーを用いずに下地板を貼り付けてしまうことです。
ここで、下地板を貼り付ける際には、ボードアンカーを用いてもかまいません。
[PR]