<   2018年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0003400_18091758.jpg
同軸ケーブルを加工して作った地デジ用簡易アンテナと、簡易なアンテナレベルチェッカーです。
両方とも簡易なものなのですが、この組み合わせで少しでも反応があれば、きちんとしたアンテナとブースターを設ければ、まずテレビを視聴することができます。
このように簡単なものなので、持ち歩きが容易です。
また、電波を受信する位置や高さを変えることも容易です。
専門業者さんに依頼する前に、アンテナ受信が可能なのか不可能なのかを判断するのに用いています。




b0003400_18384252.jpg
台風による被害です。
近所のお宅から飛散してきた資材のため、屋根に穴が開いてしまった建物です。
台風通過後、資材を飛ばしてしまった業者さんによる応急補修工事が施されていました。
ただし、補修工事はブルーシートを養生テープで張り付けただけです。
このような補修工事では、あっという間に養生テープが剥がれてしまい、雨漏りがしてきます。
このような場合には、ブルーシートではなく、トラックシートや防炎シートのようなもの。
養生テープではなく、防水テープを用いるべきです。
材料代を倹約したため、室内に雨が漏ってしまったら、かなり面倒なことになります。

b0003400_18262593.jpg
寄棟屋根の隅棟(すみむね)と呼ばれている部分です。
台風後、隅棟瓦が何枚か無くなっていました。
どこかに飛ばされたのではなく、足元に残骸が落ちていたので、よそのお宅に迷惑はかかっていなかったようです。

この状態で、雨漏りがするのかというと、すぐに雨が漏ることはありません。
ではありますが、このまま放置しておくと、被害が広がっていくのは確実です。
室内にまで被害が広がる前に、補修工事を施すべきでしょう。

ただし、この状態を補修するには、隅棟瓦2枚だけ持ってきて、形だけ直すのでは不充分です。
少し範囲を広げて直したほうがいいでしょう。

b0003400_21360239.jpg
こちらは集合住宅の外廊下に設置されていた、消火器の標識です。
よく見ると、標識の上のほうに穴を開けた跡が見えます。
これは、標識を設置するにあたり、ビス穴を開け直したせいだと思います。

じつは消火器の設置基準として、以下のようなことがあります。
床面からの高さ1.5m以下に設置し、「消火器」の標識を見やすい位置に付けること。

これからすると、高さ1.5m以下というのは消火器の高さのことであり、標識については見やすい位置に付ければよさそうに見えます。
ではありますが、標識のほうも高さ1.5m以下の納めておけば、検査の時に面倒がない。
そう考えて、標識を下げたのではないでしょうか。
そのような気がします。