人気ブログランキング |

2019年 04月 02日 ( 1 )

b0003400_18365079.jpg
自然公園の石張りの園路です。
右側と左側で色合いが違っていました。
これは石と石の間の目地が、深いか浅いかの違いです。
目地が深い左側のほうが黒っぽく見え、目地が浅い右側のほうが白っぽく見えています。

目地が浅いということは、凹んでいる部分が小さいということで、平らに近い状態になっています。
実際に歩いてみると、運動靴を履いていても目地が浅いほうが歩き易いような状況でした。
これが靴底の硬い靴や、ヒールのある靴では、かなりの違いだと思います。
もちろん目地の浅いほうが歩き易いはずです。

どうせなら、左右で違えずに、全体を浅い目地でやってしまえば良さそうなものですが、予算の都合でこうなってしまったということでしょうか。