人気ブログランキング |

2011年 09月 09日 ( 1 )

b0003400_17511459.jpg

トイレの排水管用に、12mm合板に円形の穴を開けているところです。
用いている工具はジグソーです。
ジグソーも、いきなり用いるのではなく、ジグソーのブレード(刃)が通るだけの穴をドリルで開けてからのことになります。

機械を用いて、木の板材に大きめの円形の穴をあける場合、この方法が一番安全な方法ではないでしょうか。
他にも、ドリルを用いて小径の穴を、連続してぶつぶつと開けていく方法があります。
ちょっと手間はかかりますが、この方法もそれほど危険ではありません。

ジグソーがない場合は、回し挽き(まわしびき)と呼ばれる、曲線切り用のノコギリを用いればいいでしょう。
こちらは、ジグソーよりも安全です。

機械を用いる方法では、電動ドリルの先端に、ホールソー、自由錐(じゆうぎり)などの工具を取付ける方法があります。
ただ、この方法は、電動ドリルが暴れてしまったり、人間が振り回されることがあります。
慣れない人には、おすすめできない方法です。