人気ブログランキング |

2011年 05月 06日 ( 1 )

b0003400_16164082.jpg

吹抜けに吊り下げられている照明器具です。
さて、この照明器具のランプが切れた場合は、どうするのでしょうか?

このように、吹抜けに用いられている照明器具には、電動昇降装置が組み込まれていることがほとんです。
よって、ランプ切れの場合は、照明器具を下ろしてからランプを交換することになります。

それでは、昇降装置が組み込まれていなかったり、昇降装置が壊れてしまった場合はどうでしょう。
その場合は、人間のほうが、高いところまで上っていくしかありません。

吹抜けの天井までは、5~6mあるはずです。
この高さでは、脚立では無理です。
3連ハシゴも、立てかける壁がありません。
となると足場を組むことになるでしょう。

足場を組む費用はというと、2~3万円というレベルではなく、10万円ぐらいはかかるはずです。
痛い出費になると、考えておいたほうがいいでしょう。