人気ブログランキング |

サッシ交換#3

b0003400_14361191.jpg

こちらは大工さんの仕事が終わったあとに、サッシ屋さんがサッシの調整をしているところです。
調整を行う部位は、戸車の高さ、クレセントの具合などで、ほとんどがプラスのドライバー1本で可能ですが、ある程度の熟練は必要です。

慣れていない人が行うと
『あちらを直せば、こちらがおかしくなる』
のような状況に陥ってしまい、結局最初の状態のほうが良かった、ということになってしまい勝ちです。

サッシは使っているうちに、建て付けが悪くなったり、クレセントの掛かりが悪くなったりなどの、狂いが出てきます。
その際にも、ほとんどの場合はプラスのドライバー1本で調整が可能です。
最初は調整に苦労するかもしれませんが、職人さんを頼むとなると、それなりの費用が発生します。
どうせならば慣れておいたほうがいいかもしれませんね。

ちなみに、プラスのドライバーには、番号であらわされている大きさがあります。
サッシの調整には1番と2番が必要です。
大きさを間違えて使うと、ネジ山を壊すことがあるので注意してくださいね。
また、1番と2番のドライバーを揃えておけば、家庭内のネジ関係のほとんどを回せると思います。
あると便利な工具ですよ。
by safetycap01 | 2006-05-24 17:54 | 大工仕事 | Comments(5)
Commented by iiiikko at 2006-05-25 14:09
・・・そういえば・・・

リビングのドアが、床をこすり始めました。
ドア枠に金具でかけてある部分を調整したら
いいのかと、、、じっと観察したけれど
わかりませんwwwww

廊下とリビングが フラットになってるタイプです。

あら?住宅相談コーナーにしちゃいましたm(__)m
Commented by safetycap01 at 2006-05-25 22:46
住宅相談コーナーでもいいですよ。
わかる範囲でお答えします。

金具ってのは蝶番のことだと思う。
調整できるタイプもありますよ。
でも、調整できないほうが多いかな?

床に擦るようだったら早めに直したほうがいいですよ。
傷口が広がらないうちにね。

こんど、調整法でも紹介しましょう。
Commented by iiiikko at 2006-05-26 15:14
あ、おまちしています。

私用にここを使っていいのでしょうか?
私のページに現場写真をのっけてみました m(__)m
Commented by safetycap01 at 2006-05-26 17:57
蝶番の種類がイマイチよくわからなかったのですが、
調整可能な蝶番ということで、調整法を書き込んでおきました。

ただ、手に負えなくなったら専門家に頼んでくださいね。
いじり壊すと高くつきますよ。
Commented by iiiikko at 2006-05-26 22:43
ありがとうございました。

一時は、某住宅メーカー専用ネジかと頭をよぎりましたが
ちゃんと 締められました。

感謝 感激 です♪