高強度面格子 ネジ

b0003400_17582112.jpg

高強度面格子の特徴の一つが、黄色く囲ってある部分に見えているネジです。
このネジは、締めることはできても、緩めることができないようになっているネジで、ワンウェイネジ、ワンウェイボルトなどと呼ばれています。
ただし、このネジは絶対に外せないわけではなく、それなりの工具があればどうにかすることができます。

では、どうにかしてワンウェイネジが外せたとして、その先はどうなっているのかというと、木ネジよりもごついコーチスクリューが出てきます。
コーチスクリューを外すには、大きな音の出るインパクトドライバーを用いるか、時間をかけて手で回すことになるということです。
高強度面格子の取付けについては、ワンウェイネジを用いていることよりも、コーチスクリューを用いていることのほうが、意味が大きいのではないかと思う次第です。

となると、高強度面格子を取付けるうえで大事なことは、コーチスクリューが効くような下地が、必要な位置に入っていることになります。
[PR]
by safetycap01 | 2016-01-08 17:58 | 防犯 | Comments(0)