賃貸住宅に設けたペットドア

b0003400_10113485.jpg

木造の賃貸住宅(いわゆるアパート)に、ペットフェンスとペットドアを設けてみました。
もちろん、建物本体には釘やビスを打ち込んでいません。
ペットドアとペットフェンスは、床壁天井に賃貸住宅向けのシール状の壁紙を貼った上に、両面テープで固定しました。
床壁天井には、下地探し用の針穴すら開けていないということです。
ただし、退去時に賃貸住宅向けのシール状の壁紙をはがす際に、気をつけて作業を行わないと、建物本体の壁紙を傷める可能性があります。

ペットフェンスとペットドアの大きさは、間口2.3m、高さ2.4m。
主な材料は、2×4材とお客さん手持ちのネットフェンス(1.8m×0.9m)と100円均一で入手したネットフェンスです。
[PR]
by safetycap01 | 2015-09-23 09:27 | ペット | Comments(0)