棟包み金物下地材の濡れ

b0003400_1026448.jpg

カラーベスト屋根の棟包み金物を剥がしたところです。
棟包み金物の下地材である貫板(ぬきいた)が見えてきました。
材質は杉です。
築20年以上経っていますが、状態は悪くありません。

ただし、まだら模様になっているのは、染み込んできた雨水によるものです。
雨水によって傷んでしまった下地材は、棟包み金物を固定している釘を保持する力が落ちてしまいます。
それによって、棟包み金物が浮いてしまい、さらに雨水が浸入することになります。
結果、下地材が腐食してしまい、棟包み金物が外れてしまいます。

現状でそれほど悪くなくとも、悪化の進行が一気に進むこともあるわけで、今のうちに新しいものに交換しておいたほうがよさそうです。
[PR]
by safetycap01 | 2015-04-20 17:51 | 大工仕事 | Comments(0)