ダウンライトの交換

b0003400_17562916.jpg

ダウンライトの調子が悪くなってしまったので、ダウンライトそのものを交換してみました。

今までのダウンライトは、18Wコンパクト型蛍光灯を用いるタイプで、取付穴径150mmでした。
まず、同じメーカーの同じ品番のものを探したところ、廃盤になっていました。
これは、コンパクト型蛍光灯を用いる照明器具が、減ってきたためです。
LEDライトを用いるタイプに、その座を譲ったということでしょう。

それではということで、18Wコンパクト型蛍光灯を用いるタイプのダウンライトを、他メーカーの製品から選ぼうとしたところ、他メーカーにおいても同じようなことで、思ったような製品が見つかりませんでした。
そこで、18Wコンパクト型蛍光灯をあきらめて、15W電球型蛍光灯を用いる製品を選んでみました。
なぜに18Wから15Wに代えたのかというと、18Wの電球型蛍光灯がないからです。
つまり、18Wコンパクト型蛍光灯の代替品が、15W電球型蛍光灯ということです。

18Wと15W、暗くならないのかというと、その点は大丈夫です。
実際に点灯してみたところ、15W電球型蛍光灯のほうが明るいぐらいでした。

写真で、ダウンライトの周囲が黒っぽくなっています。
これは、交換前の製品よりも、交換後の製品のほうが、一回り小さかったためです。
このようなことが気になるようならば、黒っぽくなったところを、白く色をつけてしまえばいいでしょう。
絵の具でも、ポスターカラーでも、コークボンドでもいいと思います。
少しぐらい色が違ったとしても、それほど気になるものではありません。
[PR]
by safetycap01 | 2011-12-13 19:13 | 建築工事 | Comments(0)