避難ハッチ

b0003400_18231674.jpg

自動車が止まっているところの天井の上は、2階のベランダです。
その天井に四角く開けられているのは、避難ハッチです。
ということは、2階のベランダにある避難ハッチのふたを開けると、自動車の屋根が見えてくるということです。

この場合、地面に直接降りるよりも、自動車の屋根に降りたほうが、降りる高さが少ないだけ安全ではないかと、考える人がいると思います。
じつは、そうではありません。

2階のベランダの避難ハッチのふたを開けると、折りたたまれた金属性ハシゴが収納されています。
その金属性ハシゴを下階のほうに展開するわけですが、下に自動車が止まっていると、金属性ハシゴを展開することができません。
つまり、降りようと思っても、金属製ハシゴに邪魔されて、降りられないということになります。

避難ハッチの下には、邪魔なものを置かずに、すっきりさせておいてください。
[PR]
by safetycap01 | 2011-09-12 17:57 | 防災 | Comments(0)