人気ブログランキング |

住宅用火災警報器の取付け 殺虫剤

住宅用火災警報器を設置した室内で、燻煙式殺虫剤(バルサン、アースレッドなど)を焚いたところ、警報音が鳴ってしまったという事案が発生しているようです。

何ごとかと室内に入ってしまうと、殺虫剤を吸い込んでしまいます。
さらに、マスクなどを着用して室内に入り、住宅用火災警報器の警報停止ボタンなどを操作したとしても、5分後には警報音が鳴り出してしまいます。
鳴ってしまった警報音を止めるには、換気を行い室内から殺虫剤を追い出すこと、住宅用火災警報器の電源(電池、コンセントなど)を外してしまうことが考えられます。

このようなことが起きるのは、煙感知式の住宅用火災警報器です。
熱感知式の住宅用火災警報器は台所などに設置されることがあるため、煙には反応しません。
よって、熱感知式の住宅用火災警報器は、燻煙式殺虫剤に反応することはありません。

煙感知式の住宅用火災警報器を設置した室内で、燻煙式殺虫剤を用いるには以下の方法があります。

・住宅用火災警報器をビニールなどで覆ってしまう方法。
・住宅用火災警報器そのものを取り外してしまう方法。
・住宅用火災警報器の電源を外してしまう方法。(電池を外す、コンセントを外すなど)

この中で、住宅用火災警報器をビニールなどで覆ってしまう方法は、やり方次第でかなり危険な作業となってしまいます。
くれぐれも、危険のないように作業を行ってください。

以上の方法で燻煙式殺虫剤を用いたあとは、必ず元の状態に戻すようにしてください。


住宅用火災警報器 まとめ

住宅用火災警報器の取付け 壁への取付け
住宅用火災警報器の取付け ビスの長さ
住宅用火災警報器の取付け 設置年月
住宅用火災警報器の取付け 和室への取付け
住宅用火災警報器の取付け 部屋の考え方
住宅用火災警報器の取付け 設置してはいけない場所
住宅用火災警報器の取付け 警報停止
住宅用火災警報器の取付け 殺虫剤
住宅用火災警報器の取付け 無線式連動型
住宅用火災警報器の取付け 無線式連動型の価格
by safetycap01 | 2010-07-16 18:07 | リフォーム | Comments(0)