人気ブログランキング |

鉄筋コンクリート造アパートのリフォーム 畳

b0003400_9563682.jpg

ぼろぼろになっていた畳です。
畳表(たたみおもて)がす擦り切れてしまい、畳床(たたみどこ)が見えていました。
こうなってしまうと、裏返しや表替えでは済みません。
新しい畳に入れ替えることになります。

もし、畳表の状態がここまで酷くなかったとしても、この畳には妙な臭いがしみ込んでいました。
これを機会に、交換しておいたほうがいいでしょう。

畳については交換するのではなく、撤去して板張りなどにする手があります。
昨今では畳敷きから板張りへ変更する例が多いのですが、このあたりは管理会社や大家さんの考え方次第です。
今回は畳敷きのままとなりました。
by safetycap01 | 2010-05-28 18:18 | リフォーム | Comments(0)