人気ブログランキング |

貸店舗改装工事 追加工事 その2 消し遅れ3路スイッチ

今回は片切りスイッチの代わりに、消し遅れスイッチを設置しました。

それでは、1ヶ所のみでスイッチのオンオフができる片切りスイッチではなく、2ヶ所でスイッチのオンオフができる3路スイッチであった場合はどうでしょう。
その場合には、3路スイッチの代わりに、消し遅れスイッチというわけにはいきません。
3路スイッチはそのままにして、3路スイッチ間の途中に消し遅れスイッチを追加することになります。
ということは、スイッチを追加するスペースが必要ということで、簡単にスペースが確保できなければ、それなりの手間と費用が発生するということになります。

また、スイッチ操作のほうも、3路スイッチと消し遅れスイッチの両方を、操作することが必要になってきます。
つまり、点灯する際には3路スイッチと消し遅れスイッチの両方をオンにして、消灯する際には両方をオフにするということになります。

そもそも3路スイッチというものは、慣れない人には使いにくいスイッチです。
その3路スイッチに消し遅れスイッチが加わってしまうと、使えないスイッチになってしまいます。
お客さんが使うスイッチには用いないほうがいいでしょう。

貸店舗改装工事 まとめ
by safetycap01 | 2010-02-23 18:07 | リフォーム | Comments(0)