人気ブログランキング |

畳替え 窓前の畳の傷み

b0003400_1425266.jpg

こちらは日当たりの良い掃き出し窓の前の、畳の状態です。
日に焼けているだけでなく、畳がほつれてしまっています。
また、この掃き出し窓の外にはテラスがあるため、人の出入りもあります。
つまり、この畳は日差しと人の出入りで、ほつれるほど畳が傷んでしまったということになります。
さすがにこれでは、このままにしておくわけにもいかないということで、畳替えと相成りました。

ただ、このまま畳替えをしても、しばらく経つと同じような状態になるはずです。
同じような状態に戻さないためには、窓に障子を閉めて日差しを遮ることと、畳の上に薄縁(うすべり)などを敷き込んで、畳を保護するようにすることです。

この2点、いうのは簡単ですが、寒い時期には障子などを閉めずに、直射日光の恩恵にあずかりたいところですし、薄縁なぞを敷いてしまうとせっかくの青畳が楽しめなくなります。
なかなか難しいところです。

今回は、畳の上に置き敷きのカーペットを被せることになりました。
置き敷きならば、被せたり外したりが自由ということです。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
by safetycap01 | 2010-02-05 18:25 | リフォーム | Comments(0)