人気ブログランキング |

三渓園にて 畳廊下

b0003400_18444145.jpg

畳が敷き込まれている廊下です。
見た目も、歩いた具合もいい感じでした。

この建物では、本物の畳が敷き込まれている廊下と、薄縁(うすべり)が敷き込まれている廊下がありました。
見た目では同じようなものですが、歩いてみると足触りが違います。
もちろん、本物の畳が敷き込まれているほうが、足触りが優しく高級感あふれる感じでした。

なぜに同じ建物の廊下で、本物の畳と薄縁を使い分けたのかはわかりません。
もしかすると、薄縁を敷き込んだのはぼろ隠しであったり、床板を保護するためかもしれません。

さて、一般の家屋であっても、廊下を畳敷きにしてしまって、まったく問題ありません。
費用のほうは、畳にするとメインテナンス費用がかかってしまいますが、その分は普段の足触りの良さで相殺されるのではないでしょうか。

ただ、たいへんなのが掃除です。
畳の上をスリッパ履きで歩くわけにもいかず、まめに掃除をしていない畳の上を素足で歩いたりすると、足の裏が真っ黒になる恐れがあります。
これは畳敷きの居室でも同じことですが、廊下の場合は居室よりも汚れが寄ってきやすいはずです。
by safetycap01 | 2009-09-08 20:55 | 建築工事 | Comments(0)