建前に引き続いて屋根工事を進めます。

直接屋根を支える垂木(たるき)、野地板(のじいた)。
屋根の先端を納める破風板(はふいた)、広小舞(ひろこまい)。
以上が終わると屋根屋さん(今回は瓦屋さん)が下葺きを行いに来ます。

垂木は90×45の米ツガ、野地板は12mm厚の杉板でした。
下葺きはアスファルトルーフィング(アスファルトを浸透させたフェルト)をタッカー(ホチキス)で野地板に止めます。
下葺きが終わると屋根からの雨が止まり仕事が天候に左右されにくくなるんです。
とは言っても大雨や、吹き込んでくるような雨だと仕事はできませんが・・・

じつは下葺きまでの間に足場屋さんが下屋(一階の屋根)に足場を組みに来ます。この足場がないと2階の屋根の工事が危険なんです。
下葺きが終わるまでの大工さん、屋根屋さん、足場屋さんの調整って大変なんですよ。
天候に恵まれて順調に進めばいいんですが、途中で雨が降ったりすると1週間以上は簡単にかかってしまいます。

今回は土曜日(10月2日)までに足場組みまで完了して、月曜日に屋根屋さんが下葺きに来ます。

画像は一階下屋の小屋組みと垂木、野地板です。くも筋交いはまだかけていません。
小屋組みには松梁を用いています。
b0003400_133560.jpg

[PR]
昨日は大安吉日。
地鎮祭や建前の現場が多かったですよ。
バブルのころほどではないですけど、応援の職方やレッカー屋さんは忙しかったみたいですね。

当現場では大工4人、鳶職3人、5tレッカー1台の応援で建前を行いました。
あとはいつもの大工さんが4人だから多くもなく少なくもなくって感じですね。

今は材木を工場でプレカットしてくる現場がほとんどになってますが、
ここの現場では大工さんが下小屋で材木を刻んできたんです。
プレカットがいいのか、手刻み(きざみ)がいいのかは、いろいろな意見があります。
でも、方向としてはプレカットに向かっていることは確かですね。
今回は建て主さんのたっての希望で手刻みになりましたが、手間と時間はかかりました。
今後どうするかは悩ましい問題です。

大げさに言うと職人の技術をどう維持、継承するか?なんてことにもなるんですね。
今のままでは大工さんは組み立て屋さんになってしまいますから・・・
そうなっちゃうとリフォームのときに困るんですよ。
応用がきかなくなるんですよ。
柱を抜いてその分補強するとか痛んだ土台を交換するなんて応用がきかないとできません。
ベテラン職人がいなくなってからでは遅いですからね。

画像は棟が上がった状態です。
天候に恵まれさえすれば垂木、野地板ぐらいまでは行きたかったですね。
b0003400_23224137.jpg

[PR]
明日は建前、上棟式です。
材料、金物類は少しの当日搬入分を除いて全て運び込みました。
道具は全て当日持参します。

今日の作業はベタ基礎内に溜まった雨水をかき出すことから始めました。
ベタ基礎は基礎内部がコンクリートで囲まれているので雨水が溜まるんです。
水抜き穴を設けてはいるんですが、はけ切れない雨水がどうしても出てきてしまいます。
ホウキと塵取りとバケツでかき出します。
水中ポンプを使うほど溜まってはないですからね。

あらかた雨水がはけたところで一階の柱を配ります。
それから桁、梁等の横架材をレッカーで吊り上げやすいように配置しておきます。
文字で書くと簡単なんですが、大変な作業なんですよ。
今日みたいに蒸し暑い日には大汗をかきます。

あとは材料の細部のすり合わせ、微調整を行って今日の作業は終わりました。

明日は建前です。天気に恵まれることを祈ります。

画像は材料を配り終えて、細部の調整を行っているところです。
b0003400_22563694.jpg

[PR]
29日の大安吉日が建前です。
今日は雨でもあり建前の準備でした。

木造躯体工事で使う金物類をチェックして取り揃えます。
各種ボルト、ビス、釘、耐震金物等です。足りないものは買い揃えます。
こうゆうときはホームセンターが便利で安いです。

耐震金物については一度ホームセンターで値段を確認しておくとよいですね。
悪徳リフォーム業者はとんでもない値段を付けているみたいですからね。
もちろんリフォームで金物を後付するには手間がかかりますけど・・・・

これらの金物って重いんですよ。なんといっても鉄の塊ですからね。
釘が一箱4kgです。各サイズについて3箱は用意します。

それから梯子に脚立です。
梯子は3mと4mのものを2本、脚立は6尺と5尺を各2脚ずつ。

以上の中から雨に濡れても平気なものだけ運びました。
とは言っても雨に濡らすと紙製の箱は弱くなって底が抜けることがあります。
人間は濡れても金物は濡らさないようにでした。

画像は庇の腕木です。
雨に濡れながら金物を運んでいる間に、ベテランの大工さんが細工していました。
材料はベイヒバ・・・国産のヒバと似た臭気と色合いをしています。
b0003400_2330756.jpg

[PR]
前日に引き続いての作業です。
曇り空なので幾分楽でした。
とは言っても、基礎の上に土台が乗りはじめているので、基礎をまたぐのに一苦労です。
土台の背120mmに基礎パッキン20mmが加わって140mm高くなっています。
大引きはさらに15mm~45mm高くなっています。

材料、道具を持っての基礎内部の移動はかなりきついですよ。
高さに慣れないうちは向こう脛を土台の角にぶつけることもあります。
大引きを持って移動中にぶつけたときはそのまま我慢をして作業を続行です。
途中で大引きを放り投げるわけにはいかないですからね。
涙が出ることもあります。

大引きを取り付け、束を立て終わったところから歩み板を渡します。
これで向こう脛をぶつけなくなって一安心です。

火打ち土台を入れ、基礎内部の清掃を済ませ、一階の柱を運び込んで作業は終了です。
このころには足腰にかなりの疲れが溜まっています。

画像は土台敷き終了後の状態です。
縦横に敷き込まれた土台、大引きをまたいでの作業でした。
b0003400_1854510.jpg

[PR]
朝から快晴です。
こんな日はコンクリートの照り返しがきついんですよ。
まだ現場には日差しをさえぎる物がないんです。
周囲に植えてある樹木だけが頼りです。
上からの直射日光と下からの照り返しのなか、基礎の上に土台を敷き込みました。

真夏ほどではないにしても、きつい一日でした。

土台を配り、アンカーボルトの穴を開け、防蟻防腐剤を塗り、基礎パッキンをセット。
基礎上で土台を組み、墨出しした基準線に合わせたうえでアンカーボルトを締めこみます。

言葉にすると簡単ですが、ベテランの職人4人で一日かかりました。

本来なら大引きと束まで終わらせたいところですが休み明けに持越しです。
屋外作業は肌寒いぐらいがはかどりますね。
体を動かしていると薄っすら汗ばむぐらいがちょうどいいです。
休み明けの金曜日に期待です。

画像は土台を敷き終わったところです。
周囲には足場が先行して組まれています。
b0003400_09823.jpg

[PR]
木工ビス11箱、木工ボンド2袋、養生テープ10本、養生シート4枚。
以上、ホームセンターで購入してきました。8000円でおつりです。
町の金物屋さんで購入すると1万5千円は用意しておきたいところです。
品物は金物屋さんと同じものか同レベルのものです。

行きつけの金物屋さんだと電話一本で配達してくれるし、掛売りもききます。
でも、これだけ金額に差があると現金を持ってホームセンターに行ってしまいますね。
いまはホームセンターも朝早くから営業しているからなおさらです。

以前は職人がホームセンターに出入りしているのってカッコ悪かったんです。
いまはホームセンターの駐車場には建設系の看板を背負ったトラックがたくさんとまっていますよ。
平日の日中は職人さん御用達の感さえありますね。
これは職人さんが格好を気にしなくなったんじゃなくて
ホームセンターの品揃えが良くなってきたことが一番の原因だと思います。
なかにはプロの使用に耐えないものもありますが・・・・・

プロユースの品物が手ごろな価格で揃うんですから当然なことですね。
町の金物屋さんにも頑張ってほしいんですがこればかりはどうにもならないですね。
ちょっと寂しいです。
[PR]
土台の墨出し(すみだし)です。
基礎の上に土台を敷きこむための基準墨を描いてきました。
きちんとした基礎を作っても土台をいいか加減に敷きこんだんじゃ意味がないですからね。
そのための基準墨です。

文字通り墨を使います。
墨を含ませた糸を基礎の上にはじいて直線を描きます。
きちんと張った糸をパチンとはじくと直線が描けます。
糸を垂直に引き上げないと直線になりません。
曲線になってしまいます。
やり直すと見難くなるし、だいいちみっともないです。
手を墨で黒くしながら覚えるんです。
手についた墨ってたわしでこすらないと落ちないし、
洋服についたら洗濯しても無理ですね。

画像は京都山科産の砥の粉です。
砥の粉は砥石の粉末、または黄土を焼いて粉にしたもので一袋300円程度です。
背景は和室の柱の上部です。砥の粉を塗ってあります。
b0003400_17293215.jpg

[PR]
鉋をかけて仕上げた後は、砥の粉を塗ります。
砥の粉を溶かしたバケツにタオルを浸して柱を拭き揚げます。
まだ、乾かないうちに柱に着いた砥の粉をきれいなタオルで拭きとるんです。

木の導管が砥の粉で埋められることにより、表面の凹凸が少なくなってしっとりとした仕上げになります。
また、砥の粉を塗ったあとならば、手の汚れなんかがついても簡単に吹きとれるんです。

最初は何でこんなことをするんだろうと思いました。
一度塗った砥の粉を乾きもしないうちに拭きとるなんて・・・・・
乾いてしまうとシミになるんですね。
シミを作ってしまって初めて知りました。
ついたシミは鉋で削りとってもらいました。

完全に乾いてから養生紙で包んだうえ、薄ベニアでさらにガードします。
乾いてからでないと黒かびが発生することがあるんです。
桧には黒かびがつきやすいですからね。

画像は床柱に用いる、桧の七寸角・・・・吉野です。
嫌になるほど重いですよ。
b0003400_2320693.jpg

[PR]

下小屋では大工さんがヒノキの柱を削っています。
・・・・鉋(かんな)をかけるって言うんです・・・・
最近は目にする機会が少なくなっていますが、以前はよく見受けられた光景です。

  シュ~シュ~と鉋を引く音。
  コンコンと鉋をたたいて調整する音。
  ゴロンゴロンと材木を転がす音。
  かすかに聞こえる鉋を研ぐ音。
  鉋から魔法のように出てくる鉋屑。
  プ~ンと立ち上る木の香り。・・・・ヒノキはいいですよ。

懐かしく思われる方も多いと思います。
いまは工場でプレカットを行うため、あまり見られなくなった光景です。

こうゆうのを求める建て主さんもいるんです。
まだ、こうゆう仕事が出来る大工さんもいます。
・・・・ちょっと割高になるかもしれませんが・・・・

ちなみに鉋は英語でplaneです。
拍子抜けするほど簡単な単語ですね。
[PR]