b0003400_17404958.jpg

外壁設置用の物干し金物を室内に設置したところです。
こちらのお宅では、洗濯物を室内に干すことが多いため、このようなことを考えてみました。
室内用を雨風にさらされる屋外に用いるのは問題がありますが、逆は問題ないでしょう。
問題となるのは、見た目とカーテンとの干渉だと思います。
[PR]
b0003400_17364487.jpg

1階から2階の床板と根太(ねだ)を見上げているところです。
よく見ると、根太がたわんでいるのがわかると思います。
さすがに、このままにして工事を進めるわけにはいきません。
なんらかの方法で、根太のたわみを減らすことを考えることになります。

根太のたわみを減らすには、根太の本数を増やすことや、根太の断面を大きくすることが考えられます。
作業方法としては、2階の床を解体撤去して、根太の本数を増やし、また床を貼ることが良いのですが、その方法では予算と時間がかかります。
今回はお客さんと相談のうえ、既存の根太に新たな材料を背負わせ、断面を増やす方法になりそうです。
[PR]
b0003400_1972483.jpg

ネット通販の大手で購入した物干金物です。
物干し金物というものは、ペアで設置されることが多いのですが、1本だけでの購入や奇数本での購入もあり得ることです。
それゆえ、1セット2本での販売だけではなく、1本のみの販売もあります。

では、金額のほうはどうでしょうか。
一般には1本のみの価格よりも、1セット2本のほうがお得になっていることが多いと思います。
ところが、今回購入した物干し金物では、1本で販売されているもののほうが、セット品よりも1本あたりの価格が安くなっていました。
ネット通販には、こういうこともあります。
[PR]
b0003400_21452227.jpg

便器と便座の大きさが合っていない例です。
便器の大きさに比べて、便座のほうが3cmほど短くなっています。

では使い勝手はどうでしょうか。
じつは、この程度の違いならば問題なく使えます。
問題になるのは見た目です。

洗浄暖房便座が格安で入手できるが、サイズが少し違うような場合、検討してみる価値があります。
[PR]
# by safetycap01 | 2017-11-10 18:07 | 設備 | Comments(0)
b0003400_17453186.jpg

古い紙障子を解体したところです。
玄能(げんのう)で叩いただけで、この状態まで解体できます。
組み立てるのに、釘や接着剤を用いていないため、このようなことが可能ということです。

ただし、障子紙を剥がすなり、破るなりしておかないと、こうはいきません。
障子紙が釘や接着剤の役割を果たしているということです。
[PR]
b0003400_1803955.jpg

社会福祉施設の玄関アプローチです。
玄関には20cmほどの段差がありますが、階段とスロープが設けられていました。
スロープの勾配は、1/20よりも緩くなっています。
これならば、車椅子を自分で操作して上り下りできる人が多いともいます。
また他の人に操作してもらい上り下りしたとしても、恐い思いをすることはなさそうです。

ただし、スロープの長さは4メートル以上となっています。
スロープにこれだけの長さを確保できるのは、広い敷地がないと無理だと思います。
もちろんスロープの長さが長くなれば、それだけ建設費もかかることになります。
[PR]
b0003400_18423152.jpg

和室の塗り壁を解体している際に、壁の中から出てきた電気配線です。
この電気配線の存在は、予期していたことなので、傷つけることなく解体作業を行うことができました。
予期せずに解体作業を行ってしまうと、面倒なことになる可能性があります。

在来木造住宅の和室の電気配線は、壁の中に塗り込まれていることが多く、配線が固定されている状態です。
この状態で、壁にビスなどを打ち込んでしまうと、ビスが配線に刺さってしまったり、傷をつけてしまうことがあります。
また、ビスを打ち込むための下地を探す際に、壁に針などを刺すときも同じことです。

和室の壁に電気のコンセントやスイッチがある場合、その上下には電気配線が通っていると考えてください。
壁裏探知機などを用いるといいと思います。
[PR]
# by safetycap01 | 2017-10-31 18:10 | 設備 | Comments(0)
b0003400_18411865.jpg

在来木造住宅の天井を撤去したところです。
見えているのは、屋根を支えている束、母屋、棟木、垂木、野地板などです。

ここで母屋と棟木の端のほうが白っぽくなって、泥がついたように見えています。
じつは、この白っぽいものは泥ではなく砥の粉(とのこ)です。
砥の粉は和室の柱や造作材など、カンナで仕上げられた材料に塗られるもので、こちらでは仕上げられた材料に塗られたものだと思います。

ここで見えている母屋と棟木は、天井が貼られてしまうと隠れてしまうため、汚れ防止を施す必要はありません。
ではありますが、こちらの建物は切妻屋根であり、母屋と棟木は妻面から外部に伸びています。
そして、妻面から外部に伸びている部分については、塗装などを施さず現し(あらわし)仕上げとなっています。
そのため、その部分についてはカンナで仕上げており、汚れ防止に砥の粉を塗ったということでしょう。
[PR]
b0003400_17494211.jpg

こちらは公共施設に設置されていたタンクレス便器です。
タンクレス便器のメリットは、形がすっきりしていること、タンクに邪魔されずに掃除ができることと、などが考えられます。

デメリットとしては、別途手洗いが必要になること、一般にタンク付きの便器よりも高額なこと、水圧が低いと流れが悪くなること、などでしょうか。

ただし手洗いについては、トイレ内に手洗いを設置するスペースがあれば、配管工事と内装工事を行えばどうにかなります。
ちょっと面倒なのは水圧の問題でしょうか。
水圧が低いけれど、どうしてもタンクレス便器にしたい場合は、加圧ポンプを設けることになります。
[PR]
# by safetycap01 | 2017-10-25 21:17 | 設備 | Comments(0)
b0003400_09000541.jpg

畳の上に敷かれていた絨毯を取り去ったところです。
絨毯は少なくとも10年以上敷かれていたようです。
茶色っぽくなっているのは水染みで、黒っぽくなっているのはカビです。
こうなってしまっては、畳表の裏返しも、表替えもできません。
畳そのものの交換になってしまいます。
これが賃貸住宅であったならば、退去時に一悶着ありそうです。
[PR]