<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0003400_18361440.jpg

盆踊り用櫓(やぐら)の、胴差し(どうざし)と呼ばれている部材です。
この胴差しは四本の通し柱を、中間で結ぶ横架材です。
よく見ると、端部が垂直に加工されていずに、微妙に斜めに加工されているのがわかるかと思います。
これは盆踊りの櫓の柱が、垂直になっていずに、裾広がりになっているからです。
その裾広がりに対応するように、胴差しの端部が斜めになっているということです。
このような裾広がりの形状を、四方転び(しほうころび)といいます。
四方転びの例としては、お寺の鐘楼や手水場、昔ながらの木製の踏台などがあります。
[PR]
b0003400_18572145.jpg

浴室のバスタブ上に設置する手すりのために、冶具を作ってみました。
この冶具をバスタブの縁にあてがって、その上に手すりを乗せれば、ちょうどよい高さの手すりが、バスタブと平行に設置できます。
もちろん、ちょうどよい高さは事前に決める必要がありますが。

今回は手元にあった12mmの合板を丸のこで切断して作りましたが、3mmベニヤをカッターナイフで切って作れば丸ノコは不要です。

ちなみに、手すりの高さというのは、手すり棒の中心の高さでなく、手すり棒の上端の高さのことです。
[PR]
b0003400_15535260.jpg

後付けのカーテンボックスを作ってみました。
このカーテンボックスをひっくり返して、窓上に取付けます。
カーテンレールは、カーテンボックスに取付けることになります。

できうるならば、メーカー既製品を取付けたかったのですが、思うようなものが見つからずに、手作りとなってしまいました。
手作りならば、好きなサイズで作れるのですが、やはり手間がかかります。
このカーテンボックスも、材料の入手から加工までで、丸一日かかっています。
さらに塗装を行うとなると、塗料の乾燥時間を考慮して、あと二日ぐらいかかりそうです。
手作りは思ったよりも費用と時間がかかります。
[PR]
b0003400_9431863.jpg

キッチンの流し台に取付けたタッチレス水栓です。
この水栓には、吐水口の下部と水栓上部の2か所にセンサーが組み込まれています。
吐水口下部のセンサーは、洗面所などに設置されている自動水栓と同じで、手や洗い物などを差し出すと水が出てくるようになっています。
水栓上部のセンサーは、手などをかざすことによって、水が出るようになっています。
なかなか便利なもののようです。

他に便利なキッチン水栓として、足元にフットスイッチを設けているものがあります。
フットスイッチだと、いちいち手を用いる必要がないため、タッチレス水栓より便利かもしれません。

ただし、タッチレス水栓もフットスイッチ水栓も、停電時には困ったことになってしまいます。
滅多にない停電ではありますが、小さな子供がいる場合、介護が必要な家族がいる場合、ペットを飼っている場合など、どこか1か所ぐらい停電時にも問題なく使える水栓を、設けておくといいかもしれません。
[PR]
b0003400_18224085.jpg

玄関先に設置されている郵便受けに、後から鍵を取付けてみました。
鍵は掛け金(かけがね)と呼ばれているもので、この掛け金に南京錠を掛けます。
ただし、郵便受けそのものが薄い鋼板製であるため、バールなどを用いれば無理やり開けることが可能です。
それであっても、鍵があれば不心得者も躊躇することでしょう。

掛け金はステンレス製で、本体への掛け金の取付けは、ステンレス製のボルトナットで行っています。
[PR]
b0003400_1881542.jpg

座面に角材を用いた屋外ベンチです。
最近塗装工事が行われたようで、小ぎれいになっていました。
ただし、角材と角材の間は塗装がなされていません。
もしかすると、角材の裏面も塗装がなされていない可能性があります。

これで角材が長持ちするのかというと、きっとこの角材はまったく塗装せずとも、長持ちする種類の角材であるはずです。
それでは、なぜに塗装を行ったのかというと、美観上の問題で塗装を行ったものだと思います。
それゆえ、目に見えるところだけ塗装を行い、目に見えないところは塗装を行わなかったということです。

ウッドデッキに用いる木材でも、同じような場合があります。
塗装を行わずとも長持ちする材料ではあるのですが、塗装を行ったほうが小ぎれいに見えるということがあります。
[PR]
b0003400_1755409.jpg

ユニットバス内部に取付けられていたタオル掛けです。
タオルを掛けるポールの部分がアルミ製で、ポールを支えるアームの部分が樹脂製です。
この樹脂製のアームの部分がひび割れていました。
手すりの代わりに使ってしまったか、濡れたタオルがポールに巻き付いてしまったかで、無理な力がかかってしまい、ひび割れてしまったのでしょう。
このままでは近いうちに、完全に割れてしまうはずです。

このようになってしまったら、新しいものに交換すればいいのですが、こちらのようにビス止めの場合、一般の方では難しいかもしれません。
ビス止めが厳しいようならば、吸盤式のものにする手があります。
ただし、その際には旧タオル掛けのビス穴を、シリコンシーリングする必要があります。
[PR]