<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0003400_17494426.jpg

トイレ内、便器の背面に設けられていた収納です。
簡単に手の届く高さに、壁面の半分に満たない幅の収納でした。

トイレ内の収納というと、背面の高い位置に、壁面の左右いっぱいに設けられている例が多いと思います。
それに比べるとこの収納は、使いやすい高さで、トイレ内の物を納めるのに、適当な大きさの収納ではないでしょうか。
壁面の左右いっぱいの収納を設けたとしても、トイレ内にはそこまで収納する物がないと思います。

また、この幅ならば、壁面の端から端まで、ぴっちりと納める必要がないため、幅にとらわれずに収納を選ぶことができます。
収納の選択肢が増えるということで、よいものを選ぶことができるはずです。
[PR]
b0003400_1817131.jpg

通りがかりに見かけた、マンションの外回りのリフォーム工事の現場です。
足場が架かり、養生のメッシュシートが張られていました。

向かって右側が南面ということで黒いメッシュシート、左側は通常のグレーのメッシュシートです。
これは、ご察しの通り、窓の多い南面の眺望を確保するために、このようにしたものです。

網戸で、グレーのネットのものよりも、黒いネットのもののほうが、外がよく見えることと同じ理屈です。

ただ、黒いメッシュシートは、内側からよく見えるだけでなく、外側からもよく見れられてしまいます。
そのことを忘れずにいてください。
[PR]
b0003400_9301576.jpg

先日の強風後の写真です。
屋根瓦がめくれ上がっていました。
今回の強風でめくれ上がったものだと思います。

きっと、昨年の地震の揺れで瓦が緩んだところ、今回の強風でめくれ上がってしまったのでしょう。
こちらは目立つ部位なので、それ以前にこのような状態だったならば、補修工事がなされていたはずです。
補修工事といっても、この程度ならば、それほど難しいものではありません。

また、瓦がめくれ上がっているところが、軒先近くの屋根勾配の緩い部位のため、屋根に上がるのもそれほど怖いものではありません。
これが、棟近くの急勾配の部位であったならば、足場を組まないと作業ができないところでした。
[PR]
b0003400_1030617.jpg

瓦屋根から掻き落してきた、漆喰と葺き土です。

なぜにモルタルを用いずに、漆喰と土を用いるのか。
その理由の一つに、漆喰と土ならば、はがれて落ちてきたとしても、被害が少なく済むということがあります。
重くて硬いモルタルを用いてしまうと、破片が落ちてきた際に、人に当たると怪我をする可能性があるからです。

瓦屋根の漆喰の補修を、自分で行ってみようという方は、くれぐれもモルタルを用いないようにしてください。
[PR]
b0003400_9384450.jpg

瓦屋根の棟の下の部分です。
面戸(めんど)と呼ばれているところの漆喰が、はがれかかっていました。

こちらの漆喰は、通常の漆喰に比べて、手前のほうで仕上がっている感じです。
手前のほうで仕上げてしまうと、雨や日光にさらされやすくなるということで、漆喰の劣化が進んでしまいます。

なぜに、このようなことになったのかというと、漆喰を補修する際に、古いものを撤去せずに、新しいものを上塗りしたためだと思います。
一手間省いた仕事ということで、いわゆる悪徳リフォームに引っ掛かってしまったのかもしれません。

ただ、このあたりのことまで、わかっている人は少ないはずですし、2階屋根の場合は確認するのも難しいと思います。
こうなってくると、信用できる業者を選ぶしかありません。
[PR]
b0003400_94954100.jpg

棟瓦下部の漆喰と葺き土を落としたところです。
瓦屋根に用いる土は、荒木田土(あらきだつち)と呼ばれる粘土質の土を用います。
ところが、こちらで用いられていた土は、簡単にぽろぽろと落ちてきてしまうような土で、その辺の畑の土のような感じでした。

荒木田土とその辺の畑の土、その辺の畑の土のほうが安く済みます。
だからといって、その辺の畑の土を用いて瓦を葺いてしまうと、じきに瓦の座りが悪くなってしまいます。
これは、やってはいけないコストダウンです。

本来ならば、棟瓦を積み替えたいところですが、今回は予算の関係で、この部分だけ南蛮漆喰で補修することにしました。
[PR]
b0003400_18215246.jpg

穴の開いた谷金物を外したところです。
見えているのは、とんとんと呼ばれている、昔からの下葺き材です。
とんとんは、椹(さわら)などの腐食しにくい木材を薄く裂いたもので、瓦からの雨水を止めるため役割を持っています。
今でいうところのアスファルトルーフィングでしょうか。

かつて、この材料を竹釘で止める音が、とんとんと響くところから、とんとんと呼ばれていたようです。
ところが、こちらで用いられていたとんとんは、昔ながらのとんとんから進化したもので、タッカー(ホチキス)止めされるような仕様のものでした。
まさに、昔ながらのとんとんと、アスファルトルーフィングの中間ですね。

さて、こちらのとんとんは、ごらんのように濡れています。
これは、穴の開いた谷金物から漏れてきたものです。
とんとんがここまで濡れていると、下のほうまで水が回っているはずです。
[PR]
b0003400_9591351.jpg

瓦屋根の谷の部分です。
屋根の谷の部分は、両側から雨が集まるところで、集まった雨を流すために、その部分には金属板で樋(とい)を設けます。
こちらでは樋の材料として、銅板が用いられていました。
その銅板に穴が開いてしまったことが、今回の雨漏りの原因ということです。

穴が開いているのは、瓦の凹部の直下、瓦屋根から雨水が落ちてくる箇所です。
落ちてくる雨水に打たれて、穴が開いてしまった感じでした。
平板状で雨水が集中しないような屋根材ならば、まだ穴が開いていなかったかもしれません。

樋の材料として銅板を用いることは、かつては一般的なことでした。
ただ、今では銅板よりも、腐食しにくい材料がたくさんあります。
今回は、ステンレスの薄板を加工した谷樋を用いることにしました。
ただ、これで100年持つかと問われれば、それは厳しいと思います。
[PR]
b0003400_17572049.jpg

木造2階建ての、1階屋根の軒先です。
軒先の厚みの部分を破風(はふ)といいます。
その破風のところに、直線状に苔(こけ)が生えていました。

こちらの破風は、木下地にモルタル仕上げということで、苔はモルタルの割れ目に生えています。
これは、なんらかの原因で、屋根の裏側に回ってしまった雨水が、軒先のほうまで流れてしまい、破風の木下地を腐らせた。
下地が腐ってしまったモルタルに、ひびが入ってしまったということでしょう。

まずは、雨漏りの原因を探ることと、補修工事です。
雨漏りが止まってから、必要ならば破風部分の補修工事となります。
破風の状態がそれほど悪くなければ、外壁の塗り替えに合わせて、破風の補修工事を行ってもいいと思います。
モルタルが落下しそうならば、すぐにでも対応すべきです。
[PR]
b0003400_18364579.jpg

賃貸住宅の郵便受けです。
この住居は、入居者の転居により空室になっていました。
通常ならば、郵便受けの受け口に、テープなどを張って封をしておくのですが、それを忘れてしまったのか、このような事態になっていました。

チラシ類があふれている郵便受けは、防犯防火の点から好ましいものではありません。
また、このように無理やりチラシ類を押し込まれると、郵便受けが壊れてしまうことがあります。

過去、郵便受け本体は大丈夫でしたが、郵便受けを壁に固定しているビスが、外れかかっていたことがあります。
これは、壁に固定しているビスが、短かったこともありますが。

どちらにしろ、空き室の郵便受けには、余計なものを入れられないような対策が必要です。
[PR]