<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0003400_18374557.jpg

ワンルームアパートの、台所から居室を見たところです。
台所と居室の間は、ガラス入りの引違戸となっています。

今となっては流行らなくなったガラス入りの引違戸が、このアパートの時代を感じさせてくれます。
この住戸、今どきの人間には受けが悪いと思います。

どのようにすれば受けが良くなるのかというと、この間仕切戸を撤去してしまい、2室に分かれている部屋を、大きな1室としてしまうことです。
間仕切りを撤去する際には、戸の上の小壁も撤去してしまえばいいでしょう。
このようにすると、見た目が全然違ってきます。

ただ、大きな1室となってしまうと、風の抜けはよくなりますが、冷暖房機器を用いる際の効率は落ちてしまいます。
[PR]
b0003400_18323716.jpg

木造アパートの玄関周りです。
こちらの住戸の間取りは、7畳の台所と6畳の居室です。
いわゆる、1Kと呼ばれている間取りで、単身者向けとなっています。

こちらでは、玄関ドアを開けると、いきなりキッチンセットです。
このことについて、限られたスペースなので仕方のないこと、とする考えがほとんどだと思います。

それはそうなのですが、昨今では、このように玄関開けるといきなりキッチンセットを、嫌う例が出てきているようです。
具体的には、玄関周りに間仕切りを作ってしまい、狭いながらも玄関を独立させてしまうことです。
どうもこのほうが、部屋探しにあたって受けがよいようです。
早い話が、入居者がつきやすいということになります。

ただ、注意すべきは、玄関を独立させてしまうと、自動火災報知設備の感知器を設置しなければならなくなることがあります。
とくにリフォームの場合は要注意です。
[PR]
b0003400_1817468.jpg

既存のフローリングの上に、ラワン合板を貼っているところです。
この後、ラワン合板の上には、クッションフロアを貼ることになっています。
今は、クッションフロアを貼る前の、過渡期の段階ということになります。

今までのフローリングは寄木風の製品で、茶色っぽい色合いでした。
はっきりいって暗い色合いで、部屋の中が暗くなっていました。
それが、明るいベージュ色のラワン合板を貼ったところ、かなり明るい部屋となっていました。

この段階で、建て主さんに見てもらったところ、できるだけこの明るさをキープして欲しいとのこと。
そこで、急遽クッションフロアの選び直しです。

クッションフロアの変更は、間に合えばラッキーで、間に合わなければ、費用と時間がかかっても明るい色のものに変更して欲しいとのことでした。
幸いにも間に合ってくれたおかげで、要望に沿うことができました。
[PR]
b0003400_13544642.jpg

和室と洋室が並んでいます。
窓側が和室で、その奥に洋室となっています。

当然、窓に面した和室のほうが、太陽光の入る量は多いのですが、実際に明るいのは奥の洋室です。
これは、和室と洋室の、材料と壁の色の違いによるものでしょう。

和室はざらざらの砂壁であって、ベージュ色をしています。
これだと光を反射せずに、吸収してしまうような感じです。

一方、洋室のほうは、つるんとしたビニールクロスであって、白っぽい色をしています。
こちらは、しっかりと光を反射してくれます。

これらの差は、思ったよりも大きいもので、プランニングの際は、ぜひ頭に入れておいて欲しいと思います。
[PR]
b0003400_17561327.jpg

屋外に設置されていたエスカレーターです。
南側に向かって傾斜がついているため、日当たり抜群となっていました。

日当たりが良すぎるおかげで、黒色をしているエスカレーターの移動手すりが、熱を持っていました。
熱を持っていたといっても、エスカレーターの移動手すりが日に当たっているのは、半分の時間であるため、手で触れないほど熱くなっていたわけではありません。
とはいえ、黒色の移動手すりは、止めておいたほうがいいでしょう。

もう1点、気になるところは、エスカレーターの足元のデッキボードです。
こちらが、ステンレスの鏡面仕上げであったため、目をつぶりたくなるぐらいの照り返しでした。
これが、目の位置の低い子供であったなら、照り返しをもっときつく感じるはずです。

錆びにくい金属ということで、屋外にステンレスを用いる例がよく見受けられます。
そのステンレスは、塗装などを施さずに、きらきら光る地金のままで用いられる例がほとんどです。
きらきら光る地金は、照り返しがすごいということ、さらに子供の目の位置は、大人よりも低いということを考えに入れておくべきでしょう。
[PR]
b0003400_13353094.jpg

向かって左側の白っぽい屋根は、既製品の物置です。
屋根が凹んでいるのは、右側隣家の2階屋根からの落雪によるものです。

右側隣家の外壁は、隣地境界から50cmちょうどぐらいの離れであり、民法50cmはクリアしているはずです。
ただ、2階屋根の雨樋の先端は、隣地境界ぎりぎりであり、屋根を滑り落ちた雪が隣地に飛び出してしまったということです。
また、この写真からはわかりませんが、隣家の2階屋根には雪止めが設置されていませんでした。

こちらでは、民法上の問題はさておき、2階屋根からの落雪が、思いのほか遠くまで落ちるということを、覚えておいて欲しいと思います。
[PR]
b0003400_13345769.jpg

窓の前に吊るされている、簾(すだれ)です。
この簾は、窓の前に立てかけられているように見えますが、実際には窓の前に吊るされています。

吊るし方は、物干金物に通した、物干竿を利用しています。
うまい方法だと思いますが、これをやってしまうと、物干竿に洗濯物を干しにくくなってしまいます。

さらに、物干金物の高さは、洗濯物を干しやすい高さになっています。
つまり、物干竿は窓の上のほうまできていないということで、ここに簾を吊ってしまうと、窓の上のほうが簾でカバーできないということです。

これについては、窓の上に庇が出ていていれば、庇によって日が遮られることがあります。
こちらでは、庇が出ているため、物干竿の高さでも、日が遮られるようです。
[PR]
b0003400_1855794.jpg

こちらは、震災とは関係ない場所で見かけた土のう袋です。
土のう袋が破れて、中身が出てきています。
これは、土のう袋が破れた切れたというよりは、土のう袋が薄くなってすり切れたような感じです。

なぜに、このようになってしまったのかというと、土のう袋の樹脂が紫外線で劣化してしまったためです。

日当たりのよい場所に置いたとして、このようになってしまうまで、お値段安めの土のう袋で数ヶ月。
お値段高めの、耐紫外線(UV)土のう袋で、2~3年というところでしょうか。

つまり、土のう袋というものは、長持ちしても数年でぼろぼろになってしまうもので、恒久的な用途に使うべきものではないということです。
お値段安めの土のう袋など、家庭用ゴミ袋よりも破れにくいゴミ袋、とでも考えておいたほうがいいでしょう。
[PR]
b0003400_1905470.jpg

ヘドロを詰めた土のう袋です。
土のう袋の大きさは48cm×62cmです。
いっぱいに詰めてしまうと、30kgを越えてしまうはずです。

30kgという重さは、力仕事に慣れていない人には重過ぎます。
どのくらいならいいのかというと、セメント袋が20kgなので、20kgが1つの目安ではないでしょうか。
20kgというと、土のう袋2/3ぐらいだと思ってください。

20kgであっても、手だけで持ってしまうと、腰を痛めてしまう可能性があります。
土のう袋を持つときは、お腹で抱えるように持つようにしてください。
ただ、お腹で抱えると、土のう袋からしみ出てくるヘドロで、作業服が汚れてしまいます。
単なる泥や水ならまだしも、ヘドロで汚れてしまうのは避けたいものです。
汚れ防止として、水分を透さないカッパなり、ビニールエプロンなりを着用したほうがいいでしょう。
[PR]
b0003400_18123967.jpg

2~3メートルほどの高さの津波に洗われた地域です。
津波の勢いは、それほど激しくなかったようで、防風林が傾きもせずに残っていました。

ただ、残った防風林は、6月中旬だというのに、落葉のころのような色をしています。
もちろん、これは海水の影響でしょう。
それに引き換え、青々と繁っているのは、いわゆる雑草。
ヘドロも海水の塩分もものともせずに、生えてきたものです。
この雑草は、来年も再来年も、なにもせずとも生えてくるでしょう。
そのまま放っておいても大丈夫です。

一方、防風林のほうは、どうでしょうか。
葉が枯れてしまった樹木は、そのままにしておくと、樹木そのものが枯れてしまう可能性があります。
もしかすると、時すでに遅しであるかもしれません。

正直、被災地の今の状態では、枯れかけた樹木の手入れをしている時間も人手もありません。
それならば、思い切ったことのできる状態である今、枯れてしまうであろう樹木を、重機を用いて伐採してしまう手があると思います。
復興なってくると、樹木の伐採に苦労するようになってしまう可能性があります。
[PR]