<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0003400_10303374.jpg

正面入り口、入ったところに設けた受付カウンターです。
受付といっても、有人受付ではなく無人受付で、目隠しとしてのパーティションの機能と、収納としての書棚の機能を持たせています。

ほんとうならば、既製品があればよかったのですが、希望の製品が見当たらないということで、キッチンセットなどを作っているところで製作してもらいました。
海外で生産する既製品と、国内で生産する1品生産品を比べると、倍ほど金額に差があるのですが、既製品で満足できなければ仕方ありません。

ただ、倍ほど違うといっても、100万円が200万円なるわけではありません。
10万円程度のところ、20万円程度になるといったところです。
これならば、希望のものを特注で作る気が起きる金額ではないでしょうか。

また、金額が高いといっても、搬入、組立て、据付け、梱包材処分までを含めての金額です。
既製品を購入するとなると搬入だけでおしまいなので、それを考えると金額の差はそれほど大きくないと思います。

貸店舗改装工事 まとめ
[PR]
b0003400_10595598.jpg

受付カウンターの出来上がりです。
幅2400mm、奥行450mm、高さ1100mm。
室内側は扉付きの書庫になっています。

特注品といっても、まったく自由に寸法設定を行っているわけではありません。
天板や化粧部材などには規格寸法があるので、その規格寸法から割り出した寸法設定としています。
天板や化粧部材などを特注するとなると、値段も納期も際限なくなってしまうからです。

幅2400mmと高さ1100mmは、化粧部材の寸法2400mm×1200mmで納めたもので、天板の寸法450mmも既製品の天板部材の寸法で納めたものです。

製作のほうは、こちらでスケッチ画程度のものを作成し、それをもとに図面作成、製品製作を行ってもらいました。
こちらとしては、あまり手がかからずに済んだというところです。

貸店舗改装工事 まとめ
[PR]
今回は片切りスイッチの代わりに、消し遅れスイッチを設置しました。

それでは、1ヶ所のみでスイッチのオンオフができる片切りスイッチではなく、2ヶ所でスイッチのオンオフができる3路スイッチであった場合はどうでしょう。
その場合には、3路スイッチの代わりに、消し遅れスイッチというわけにはいきません。
3路スイッチはそのままにして、3路スイッチ間の途中に消し遅れスイッチを追加することになります。
ということは、スイッチを追加するスペースが必要ということで、簡単にスペースが確保できなければ、それなりの手間と費用が発生するということになります。

また、スイッチ操作のほうも、3路スイッチと消し遅れスイッチの両方を、操作することが必要になってきます。
つまり、点灯する際には3路スイッチと消し遅れスイッチの両方をオンにして、消灯する際には両方をオフにするということになります。

そもそも3路スイッチというものは、慣れない人には使いにくいスイッチです。
その3路スイッチに消し遅れスイッチが加わってしまうと、使えないスイッチになってしまいます。
お客さんが使うスイッチには用いないほうがいいでしょう。

貸店舗改装工事 まとめ
[PR]
b0003400_13295956.jpg

こちらの事務所では、正面の自動ドアのほかに、裏側に通用口があります。
社員の方は、最初に出勤された方が裏側の通用口を開けて入り、最後に退勤される方が裏側の通用口を閉めて退出するようになっています。

出勤するときは明るいからいいのですが、退勤するときには暗くなっていることがあります。
その際、通用口の上部に設置した外灯が点灯していれば、鍵の操作が行いやすいということです。
そのため、外灯のスイッチを通常の片切りスイッチから、消し遅れスイッチに変更しました。

消し遅れスイッチ(遅れ消灯スイッチ)とは、スイッチを切った後もしばらくは電気が通じたまま(点灯したまま)になっているスイッチのことです。
消し遅れ時間については、任意に設定できるというものではなく、あらかじめ決められたものしかありません。
今回は、玄関用ということで30秒間遅れのスイッチを選んでいます。
他には換気扇用として3分遅れのものなどがあります。
換気扇用は照明器具と連動型になっていて、照明器具を消灯した後も、換気扇が3分間作動し続けるようなものです。

それ以外に遅れの時間を設定したいときには、タイマースイッチを用いるといいでしょう。
ただ、タイマースイッチは消し遅れスイッチよりも、大きくなってしまうため、消し遅れスイッチほど簡単に設置できない可能性があります。

消し遅れスイッチはホームセンターなどで2000円前後で販売されています。
工事のほうは、私が電気工事士の資格を持っているため、自分で行ってしまいました。

この工事だけを電気屋さんに依頼するとなると、少なくとも半日分の人件費と部品代(定価)は請求されると思います。
私が電気屋さんだったとすると、15000円程度の請求金額になるかと思います。
こうなってくると、工事後に気が付くのではなく、工事前、工事中に気が付いておきたいものです。

貸店舗改装工事 まとめ
[PR]
畳交換(6畳間×2)
寸取りから敷き込みまで1週間。
これは、年末に畳屋さんに無理をいって頼み込んだものです。

畳1枚 15000円(中程度の製品です。)
処分費1枚 1500円
プラス消費税

以上は、別件のリフォームのついでに、畳屋さんとお客さんで直接取引を行ってもらいました。


畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
[PR]
畳の上に薄縁(うすべり)を敷く場合のことです。
畳の上に薄縁を敷くことの是非については、ここでは触れません。
もし薄縁を敷くのだったら、どのように敷いたらよいのかということです。

新畳の上に薄縁を敷く場合、新しい畳ということでピンを打つのに躊躇される方がいるようです。
または、ピンを打つにしても、できるだけ新畳にピン穴を開けないようにということで、数少なく打たれる方がいるようです。

これは、かなり危険なことです。
薄縁というものは、玄関マットなどと違って裏面に滑り止めが施されていないため、そのままでは滑りやすいものです。
まずは、滑り止めとしてピンを打つようにしてください。

さらに、畳と薄縁の間に、足先が入り込んでしまうことがあります。
これも、一般的な置き敷のカーペットよりも、薄縁の方が足先が入り込みやすいものです。
足先が入り込まないように、ピンを密に打つようにしてください。

以上、畳屋さんから聞いた話でした。
畳の上に薄縁を敷く場合は、以上のことにくれぐれもご注意ください。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
[PR]
わら床の畳1枚あたりの重さは30kg前後です。
前後といっても、軽いもので25kg程度、重いものだと35kg程度と、かなりの幅があります。

重いほうの35kgといっても子供1人分。
これなら、たいしたことないと思う方もいるかもしれません。
ところが、持ちにくい形をした畳を持って、狭い廊下や階段を何枚も運ぶとなると、普段力仕事をしている職人さんでも泣きが入ってきます。

また、下手な持ち方をすると、確実に腰を傷めてしまいます。
さらに、重さに負けて畳を足の上にでも落としたりすると、怪我をする恐れすらあります。
壁クロスなど、確実に傷が付いてしまうと考えておいてください。

畳屋さんから聞いた話です。
小柄な畳屋さんが畳を運んでいるのを気の毒がったお客さんが、畳を運ぶのを手伝おうとしたところ、腰を傷めてしまい翌日は寝込んでしまった、などということがあります。
畳の運搬は畳屋さんにお任せください。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
[PR]
b0003400_141032100.jpg

敷き込まれたばかりの、青々とした新畳です。
じつはこの新畳の表面には、イグサを染めたときの染め土(そめつち)が、粉状に付着しています。(染め土を使わない畳もありますが、それは少数派です。)

粉状の染め土は、掃除機で吸い込んでから、雑巾でから拭き、もしくは固く絞った雑巾拭いてみてください。
水拭きを行ってしまうと、染め土そのものを拭きとってしまうこと、つまりは新畳の良さを拭きとってしまうことになるので、止めておいたほうが賢明です。

以上のようなことは、リフォーム工事のように畳屋さんと接する機会があれば、畳屋さんから話を聞く機会もあるはずです。
しかし新築工事では、畳屋さんと接することもなく入居される方が、ほとんどだと思います。
新築工事をなされる方は、ぜひ知っておいたほうがいいでしょう。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
[PR]
b0003400_11202183.jpg

畳を新しくする場合には、古い畳を処分することになります。
その際に発生してくるものが古畳の処分費です。

具体的には、昔ながらのわら床の畳1枚あたり1500円(消費税は別途)程度でしょう。
この処分費については、畳替えにともなうものならばこの金額であるが、畳処分だけならばもう少し高くなることがあります。
さらに、わら床ではない新建材系の畳の場合には、別料金になることがあります。

広告などでは、古畳の処分費用が小さめの文字で載せられていたり、見積書や請求書でいきなり登場してくることがあるので気をつけてください。
打ち合わせの早い段階で、古畳の処分費用はどうなっているのかを、確認するようにしてください。

厳しいことをいうと、古畳の処分費用についてきちんと触れていないリフォームチラシがあったら、そのようなリフォームチラシは、そのまま紙ごみとして処分したほうがいいかもしれません。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
[PR]
b0003400_10144487.jpg

レーザー畳寸取器と呼ばれている工具です。
寸取り(すんとり)という畳の大きさを出す作業を行うための工具です。

部屋の辺というものは、厳密な直線ではなく微妙に折れ曲がっているものです。
また、部屋の角々も厳密な直角ではなかったりします。
その完全な長方形ではない部屋に、隙間なく畳を敷き込むためには、畳のほうで調整することになります。
そのための作業が寸取りで、畳屋さんにとっては一番大事な作業になるのではないでしょうか。
寸取りが上手な畳屋さんが敷き込んだ畳は、部屋にきっちりと納まりますが、そうでない畳屋さんの場合は、大きくて納まらないよりは小さいほうがましということで、緩い納まりになってしまいます。
きちんと納まっていない畳というものは、実際に畳を作る作業に難があるというよりも、寸取りが下手といっていいと思います。

写真の畳寸取器は、レーザー光線で直行する2直線を出すものです。
その2直線からの部屋の辺までの距離を、畳屋さんが人力で測定することによって寸取りを行います。
さらに進んだ畳寸取器では、畳屋さんによる人力測定なしで、ダイレクトに部屋の寸取りを行うものもあります。

このレーザー畳寸取器は、畳屋さん専用工具なので数量が出ません。
かなり高額な工具なんですよ。

畳替え ベッドによる畳の傷み
畳替え 窓前の畳の傷み
畳替え 寸取り
畳替え 処分費
畳替え 新畳の手入れ
畳替え 畳の重さ
畳替え 薄縁
畳替え まとめ
[PR]