<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0003400_182086.jpg

室内側を新しい鍵に交換し終えたところです。
ご覧のとおり、今までどおりスライドレバーを上下させて施錠開錠できるのに加えて、鍵でも施錠開錠ができます。

ここで、鍵でも施錠開錠可能と書きましたが、それはスライドレバーで施錠を行ったうえで、鍵で施錠を行うとスライドレバーが固定されてしまうということです。
つまり室内側からの施錠は、あくまでもスライドレバーがメインであり、鍵はスライドレバーを固定するためにあるということになります。

なぜに、スライドレバーを固定するようにしているのか。
それには二つの理由があります。
一つは、玄関扉に設けられているガラスの灯り採りが割られて、そこから手などを差し込みスライドレバーを操作しようとしても、スライドレバーが動かないようにとのこと。
つまり防犯対策です。

もう一つは、室内から出るときにも、鍵を用いないと出られないようにすることができるとのこと。
これは、子供や認知症の方などが、目を離したすきに玄関扉を開けて、外に出て行かないようにするためです。
もちろん、室内から出て行くのは玄関からだけではないので、玄関だけに対策を施しても意味がありません。
さらに大事なのは、火災時などにはどうするのかという問題もあります。
できれば、住宅用火災警報器ではなく自動火災報知設備が欲しいところでしょう。
ちなみに、こちらの建物には自動火災報知設備が設置されています。
[PR]
b0003400_17342345.jpg

引き違い戸の鍵の位置合わせは、室内側と室内側の鍵の上下左右を合わせるだけでは足りません。
もう一つの要素が関係してきます。
それは、室内側の扉と室内側の扉の、重なり合う部分の間隔(すき間)です。
この間隔が、適切でないと鍵がうまくかかりません。
鍵の上下左右の位置が合っているのに、鍵がうまくかからない場合は、扉の間隔をチェックしてみてください。

ここで、扉の間隔といいましたが、具体的には室内側の扉についている鍵金物と、室内側の扉についている鍵金物の間隔です。
この金物同士の間隔は、パッキンやスペーサーなどで調整することになります。

ただ、パッキンやスペーサーを入れたり外したりとなると、上下左右の位置合わせをした鍵金物を外さなければできません。
つまり、再度上下左右の位置合わせを行う必要が出てくるということです。
面倒なようではありますが、この手間を惜しんでしまうと余計に時間がかかってしまいます。

写真は、一度上下左右の位置合わせを行った鍵金物を、すべて取り外したところです。
取り外す前に、金物の位置を鉛筆などで記しておくようにしてください。
記しがあっても微調整は必要になりますが、何もないよりは調整時間が短くて済みます。
[PR]
b0003400_17532213.jpg

こちらは引き違い戸の室内側の扉の召し合わせ部分(重なり合う部分)を、室外側から写したところです。
鎌形の金物が出っ張っていますが、この金物がもう一枚の扉の受け金物に咬み込むことによって、引き違い戸は開け閉てができなくなります。
ということは、この鎌形の金物の位置と、もう一枚の扉の受け金物の位置が合わないと、うまく施錠ができないということです。

じつは、この位置合わせが難しい。
なにが難しいかというと、位置合わせをするには引き違い戸を閉じなくてはならないこと。
引き違い戸を閉じてしまうと鎌形の金物と受け金物の位置関係を、目で見て確認することができないからです。
さらに引き違い戸を閉じてしまうと、室内側と室外の行き来ができなくなるため、室内側と室内側の両方から鍵周りを確認することができなくなってしまいます。
これは、想像以上に厄介なことです。

b0003400_17575727.jpg

ということで、最近の引き違い戸用の鍵には、内側の扉から外側の扉に向けて、細いピンを刺せるような小さい穴が設けられていることがあります。
この穴に刺したピンが、内側の扉から外側の扉に貫通すれば、位置は合わせはOKということになります。
ただ、ピンがうまく貫通しない場合、どのようにすればよいかまではわかりません。
あれやこれやと鍵の位置を動かしながら、位置を探るしかありません。
とはいえ、引き違い戸の鍵交換を行うには、ピン穴が設けられているタイプの鍵を選んだほうが、よいことに違いはありません。
[PR]
b0003400_1047124.jpg

引き違い玄関扉の鍵取り付け部分の、加工を行っているところです。

こちらの玄関扉の材質はアルミです。
アルミならば、ドリル、金切りのこ、ヤスリで、簡単に加工ができます。
これが、鋼製となると、不可能ではないのですが、アルミのように簡単に加工可能とまではいきません。
アルミ製で助かりました。

ちなみに木製の加工はどうなのかというと、一番たいへんかもしれません。
木製建具の加工は、建具屋さんに任せたほうが賢明です。

加工のほうは、具体的にはドリルで穴を開け、ヤスリで穴を広げ、広がった穴に金切りのこを差し込んで、アルミを切っていきます。
最後の、細かい部分の整形は、ヤスリで行えばいいでしょう。
この加工の際には、余計なところに傷をつけないように、ガムテープなどで覆っておくといいと思います。

じつは加工作業そのものよりも、どのように加工したらよいのかという加工用の墨出し(位置出し)のほうが、慣れない人にはたいへんになってきます。
墨出しがきちんとできれば、半分終わったも同然といっていいかもしれません。
[PR]
b0003400_18172695.jpg

b0003400_1038674.jpg

上の写真が、よく見かける引き違い玄関扉の鍵の部分です。
下の写真は、今回交換する引き違い玄関扉の鍵の部分です。

上と下で違っている部分があるのがわかるでしょうか。

違っているのは、上の鍵の部分が大きく長方形になっているのに対して、下の鍵の部分が鍵の部分だけに小さくなっていることです。

一般に、交換用の鍵などというものは、よく見かけるタイプに合うように作られています。
今回交換を考えている鍵も同様で、鍵の部分が大きく長方形になっているタイプのものと、交換するようになっています。
それでは、交換ができないのかというと、この場合は大は小を兼ねるということで、小さいものが付いている部分を大きく加工することによって、大きい長方形の鍵を取り付けることができます。
これが逆ならば、不可能ではありませんが、ちょっと面倒なことになったところです。
[PR]
b0003400_959282.jpg

こちらは、今までついていた鍵の、重なり合う部分に隠れている部分です。
よく見ると、シルバー色の部材が斜めに傾いているのがわかると思います。

本来、このようなものは傾かずについているはずなのに、なぜに傾いてしまっているのかという問題があります。
それは、玄関扉が設置されている部分が、歪むなり傾くなりしていること。
その歪みなり傾きなりに合わせるようにシルバー色の部材を傾けないと、うまく鍵がかからないからにほかなりません。

つまり、まともに玄関扉が設置されていれば、鍵もまともにつくところ、まともに玄関扉が設置されていないため、鍵もまともにつけられなかったということです。
だからといって、玄関扉の歪みなり傾きなりを直すのは、かなりの工事になってしまいます。

今回の鍵の交換工事も、玄関扉の歪みなり傾きなりに合わせて、鍵を取り付けることになります。
そのため、事前に建て主さんに、交換工事に手間取る可能性があること、さらに交換後も斜めに傾く可能性があることを説明しておく必要があります。
[PR]
b0003400_21122968.jpg

こちらは、引き違い玄関扉の鍵の部分です。
今回は、この鍵の交換を行いました。

どのような鍵に交換したのかというと

外側からは、今までのように鍵で施錠ができること。
室内側からは、今までどおりスライドレバーで施錠ができること。
さらに、室内側でも鍵を使って施錠ができること。

つまり、今までの鍵の機能にプラスして、室内側でも施錠が可能な鍵に交換して欲しいとのことでした。

これは、今まで室内から外に出るのに、スライドレバーを手で解除すればよかったところ、これからは鍵を用いないと外に出られないということになります。
ただし、鍵を用いないと外に出られないのは玄関だけですが。

じつは、このようなことは、開き戸ならば鍵の選択の幅が広いのですが、引き違い戸となると選択の余地がなくなって、条件を満たす鍵は一つしかありません。
その鍵が取り付け可能かどうかが問題となるということです。
ちなみに、その鍵は、日本カバ(株)の 『カバミラスター4800』 となります。
[PR]
b0003400_20503557.jpg

巾木(はばき)というのは、壁の下部・・・床と壁の境目に取り付けられる部材です。
この巾木が、本来すべて同じ色でなければならないところ、中間部で色が変えられていました。
この色違いは、何かしらの意図があって成されたのではなく、成り行きでこうなってしまった、ということだと思います。

巾木というものは、家具や設備機器などを壁にぴったり設置しようとなると、邪魔な存在になってきます。
そのため、巾木を元から付けなかったり、巾木を取り外してしまうことがあるのですが、部屋の模様替えなどで、後から巾木が必要になってくることがあります。
そのような状況で、今まで巾木がなかったところに取り付けられたのが、写真の巾木でしょう。
そして、その巾木が既存の巾木と同じ色にならなかった、もしくは同じ色の製品がなかったというようなことだと思います。

今まで巾木がなかったところにだけ巾木を取り付ける。
この気持ちはよくわかるのですが、このような場合は、途中で色を変えないよう端から端まで巾木を取り替えてしまうなり、端から端まで同じ色で塗装をしてしまうなりするべきです。
その程度のことをしても、たいしたコストアップにはなりません。
これが、工事後にみっともないからどうにかしてくれといわれると、そこそこの費用がかかります。
[PR]
b0003400_1855389.jpg

エアコンの室外機を、上階のベランダから吊り下げて設置しています。
このような室外機の設置方法を、公団吊り(こうだんづり)などと呼ぶことがあります。

公団吊りはベランダ床上に室外機を置かないため、ベランダの床面が広く使えます。
しかし、室外機が目立つ位置にきてしまうため、それをみっともないと捉えるかたもいます。
また、室外機の設置工事費のほうは、素直にベランダに置くよりも高くなります。
つまり、公団吊りには一長一短があるのですが、写真の場合はそれとは別の話になります。

写真の場合、エアコンの配管類が室外機の手前側より出て、室外機の周りに沿ってわざわざ目立つように配管されています。
ほんとうならば、エアコンの配管類は室外機の奥側から出て、そのまま外壁から室内に入っているところでで、そうしていれば、このように配管が目立つこともなかったはずです。
しかも、全住戸でこのような配管がなされていました。

これは、エアコンの配管類を室外機の奥側にもっていくと、室外機と外壁が近すぎて配管を取り回す余裕がなくなってしまうということ。
現状のように配管類を手前側から出すと、配管距離が伸びるため配管を取り回す余裕ができるからです。

空調屋さんとしても、わざわざ手間をかけてまで、見っともない配管をしたいはずはありません。
このようにしないと配管ができないから、配管したまででしょう。

このような事態に陥らないためには、設計段階で公団吊りの位置と、配管を通すために外壁に開ける穴の位置を、充分検討しておくことです。
[PR]
b0003400_17565282.jpg

建物の外部に設けられている散水栓です。
当初、単水栓と呼ばれている一口タイプの水栓が取り付けてあったところ、後日、二口タイプの水栓への交換を行いました。
二口タイプのものに交換したのは、まさに写真に写っているとおりで、一口タイプではホースの接続に不便だったためです。
二口タイプに交換したことによって、ホースを蛇口につないだままにすることができました。

当初から二口タイプで計画していれば、費用の増加分は材差額程度だったはずです。
それが、後日の工事となると、新たな材料費に工事費がプラスされます。

さらに、水栓というものには色々な種類があります。
今回のように単純に口数が増えたもの、首長タイプのもの、横に二口でなく縦に二口のものなど。
さらにはアンチークタイプのものや、動物をかたどったものなど、デザインタイプのものもあります。
散水栓の設置を考えるときには、どうようなものがあるのかだけでも調べておいたほうがいいですよ。
[PR]