2010年 11月 24日 ( 1 )

b0003400_1852238.jpg

表替え(おもてがえ)が済んだばかりの畳です。
表替えを行ったということで、見た目も、匂いも新しい畳のようになっていました。
ところが、畳の表面を押えたところ、見てわかる程度に沈み込んでしまいました。
これは、畳の床(とこ)が、へたり込んでしまっているからです。

床はへたり込んでしまっていますが、畳表(たたみおもて)は、しっかりと張られているということです。
この後、畳表は、人に踏まれているうちに延びていき、床と同じようにへたり込んでしまうでしょう。
もしくは、床から浮いた状態の畳表は、破れてしまうこともあります。

畳の床がへたり込んでいるような場合、表替えでは無理があります。
畳全体を新しくしてしまってください。
[PR]