引き戸

b0003400_17541964.jpg

こちらは引き戸の端に取り付けられた鎌錠(かまじょう)です。
鍵を掛けるときには、鎌(L字型)のような形をした金物が出てきて、建具枠に取り付けられた金物に掛かるようになっています。
引き戸だけではなく引き違い戸にも使います。

さらに、引き違い戸には召し合わせ部分・・・引き違い戸が重なる部分にも鍵を付けます。
こちらは棒状の金物を引き違い戸が重なる部分に差し込んで、引き違い戸を開かなくするものです。
古い木製建具に使われているねじ込み式の鍵・・・ねじ締り、中折締りもこのタイプですね。

引き戸や引き違い戸は、開き戸に比べると鍵の種類が限られてきます。
また鍵自体の防犯対策も開き戸に比べるといまひとつです。

ワンドアツーロックといわず、取り付ける鍵の数は増やしておきたいですね。
[PR]
by safetycap01 | 2006-04-07 19:12 | 大工仕事 | Comments(0)