インパクトドライバーのビットが抜けなくなったとき

b0003400_18144880.jpg

インパクトドライバーにおいてまれに発生するのが、ビットが抜けなくなってしまうことです。
通常ならば、抜けなくなったビットを、玄能(げんのう)などで軽く叩けば抜けてくれるはずのところ、叩いても引っ張っても抜けてくれなくなることがあります。

ビットを抜くのは、他の種類のビットに交換して作業を行うため。
つまり、ビットが抜けなくなってしまうと、他の作業ができなくなるということです。
これは困った事態です。

そこで、私がネット上で調べて実行した、抜けなくなったビットの抜き方を紹介してみます。

まずは、インパクトドライバーにフルパワーを与えるため、フル受電された電池を用意します。
次に、ペンチなどで、抜けなくなったビットを回転しないように挟み込みます。
そののち、ドライバーを逆回転(左回り)状態にしてスイッチオン。

これによって、今までいろいろな方法を試しても、うんともすんとも言わなかったビットが、簡単に抜けてくれました。

この後注意すべきことは、一度抜けなくなったビットは、再利用しないことです。
そのようなビットは、また抜けなくなってしまう可能性があるからです。
[PR]
by safetycap01 | 2012-11-11 18:36 | 大工仕事 | Comments(0)