インターロッキングブロック舗装

b0003400_9442016.jpg

こちらは、インターロッキングブロックで舗装された道路です。
インターロッキングブロックというのは、レンガ程度の大きさの舗装用コンクリートブロックのことです。

インターロッキングブロック舗装には、いろいろな利点ががありますが、その中でも一番の利点は、アスファルト舗装よりも見栄えが良いことだと思います。
アスファルト舗装が実用一点張りで無機質、無表情のところ、インターロッキングブロック舗装には石畳っぽいところがあり、おしゃれな感じがするといっていいでしょう。

ただ、インターロッキングブロック舗装は、石畳舗装よりも凹凸は少なくなっていますが、アスファルト舗装よりも凹凸があります。

そのため、インターロッキングブロック舗装の上を車が走ると、明らかにアスファルト舗装よりも大きな走行音が発生します。
この走行音を小さくするには、通過速度を下げさせる工夫が必要です。
通過速度を下げさせるための、うまい工夫ができないのならば、アスファルト舗装のほうが、ましではないでしょうか。
[PR]
by safetycap01 | 2011-01-20 17:52 | 外構工事 | Comments(0)