軒天物干金物

b0003400_1847127.jpg

軒天(のきてん)に取付けた物干金物です。
マンションなどで、よく見かけるタイプの物干金物です。
今回は、リフォームを機会に、木造1戸建てに取付けてみました。

木造や鉄骨造の場合、この手の物干金物を、出来上がった軒天に後付することは、思ったよりもたいへんなことだと考えてください。
なぜならば、木造や鉄骨造の場合、軒天自体がそれほど頑丈に作られていないため、軒天や軒天を吊っている下地に物干金物を取付けてしまうと、物干金物が抜け落ちてしまう可能性があるからです。
ただし、軒天がコンクリートでできている鉄筋コンクリート造の場合は、頑丈なコンクリートに取付ければよいので、後付は木造や鉄骨造よりも簡単なことが多いといえます。

木造や鉄骨造で抜け落ちないようにするためには、軒天をはがして、洗濯物の重さに耐えられる下地を入れる必要があります。
もちろん、洗濯物が風にあおられることも考慮して、かなりしっかりした下地を入れる必要があります。
さらに、下地を入れた後は、当然にはがした軒天を復旧しなければいけません。
このようなわけなので、軒天には簡単に後付ができないということになります。
[PR]
by safetycap01 | 2010-11-29 18:07 | 建築工事 | Comments(0)