トタン屋根の塗替え 油性 水性

塗料には油性と水性があります。
油性と水性、なにが違うのかというと、いわゆるペンキ臭いものが油性で、ペンキ臭くないものが水性です。
また、塗料を溶かすのにシンナーを用いるのが油性で、水を用いるものが水性です。

油性と水性、以上2点が、一般の方が塗装作業をするにあたっての、違いといっていいと思います。

ペンキの匂いが苦手な方は、水性塗料を使ってください。
シンナーを用いたくない方も、水性塗料を使ってください。

塗料の性能としては油性のほうが優れています。
ただ、その違いはどれほどかとなると、水性塗料は油性塗料の足元にも及ばない、などということではありません。
水性塗料は油性塗料に比べると、少し劣っているという程度です。
その劣っている部分については、次回塗装を行うまでの時間を早めることによって、補うことが可能です。
[PR]
by safetycap01 | 2009-02-16 18:17 | リフォーム | Comments(1)
Commented by k at 2014-03-30 13:56 x
ありがとうございました。