「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
建築屋さんの日記なんだけど、ほかにもいろいろね。
by safetycap01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月

インターホン玄関子機

b0003400_18184874.jpg

高級感あふれる新築住宅の玄関に設置されていた、インターホンの玄関子機です。
製品はメーカー品であり、上級機種だと思います。
ただし、上級機種といっても、デザインや質感が上級ということではなく、いろいろな機能がついているゆえの上級機種ということです。
つまり、いろいろな機能を取っ払ってしまえば、一般的な住宅に設置されている玄関子機とかわらない品物です。
正直、このような高級感あふれる建物には、安っぽく見えてしまいます。
このような建物で機器を選定する際には、一般的な住宅用機器のカタログから選ぶべきではありません。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-22 18:09 | 設備 | Trackback | Comments(0)

電気の引き込み

b0003400_1892239.jpg

通りがかりに見かけた、かなり気合の入った新築住宅です。
ただいま、竣工に向けて、急ピッチで工事が進んでいるところのようです。

こちらの黒っぽい一角はエントランス周りで、建物の顔といってもよいところです。
それなのに玄関ドアの上方に、電気の引き込みがきていました。
さすがにこれは、見栄えが良くないと思います。

このような高級感あふれる建物の電気の引き込みは、人目につかないようなところにするか、引込柱を介して行うべきでしょう。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-18 18:38 | 設備 | Trackback | Comments(0)

棚柱のキャップ

b0003400_18385626.jpg

造り付けの棚に取付けた、棚柱(ガチャ柱)です。
棚柱の長さは規格が決まっているため、その棚に合わせるためには、棚柱をカットする必要があります。
この棚柱のカットが、きれいにできればいいのですが、ステンレス製の棚柱など、なかなかうまくいきません。
また、棚柱のカットも、1ヶ所2ヶ所ぐらいならばいいのですが、少なくとも棚板1枚あたり4ヶ所のカットが必要となってきます。
そこで必要となってくるのが、カットした部分に被せるキャップです。

棚柱を購入する際には、その棚柱用のキャップのことを忘れずにということです。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-16 16:56 | 大工仕事 | Trackback | Comments(0)

ユニットバスの裏側

b0003400_18145061.jpg

押入れの壁の凹んだ部分を補修するために、凹んだ部分を撤去して、開口したところです。
黄色っぽく見えているのは、ユニットバスの裏側にあたります。
また、配管が見えていますが、これは2階へ上がっている給水管と、2階から降りてきている排水管です。

ここで、ユニットバス内に手すりを設けようとするならば、黄色く見えているところに木下地を張り付ければ、ユニットバス内からビスを効かせることができます。
もちろん、開口した位置と手すりを取り付けたい位置が近ければの話ですが。
ユニットバスが押し入れに接している面には、この手が使える可能性があります。
一方、ユニットバスが外壁に接している面には、この手が使いにくいといえます。

また、開口から見えている配管に関しては、眺めることは可能ですが、この開口から手を差し込んで補修工事などを行うことは、まず無理と思ってください。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-15 18:09 | 住宅建築 | Trackback | Comments(0)

手すりエンドブラケットのカバーの着脱

b0003400_18231147.jpg

こちらは屋内手すりの端部です。
手すり端部ということで、ブラケットは袖口が引っ掛からないよう、壁側に折り曲がった形状となっています。
このようなブラケットでは、手すりの壁へのビス止めは、カバーを外して行うことになります。

その際、問題となるのはカバーの着脱方向です。
こちらのメーカーの製品では、着脱にあたりカバーを矢印の方向に動かす必要があるため、そちらの方向に障害物があると、カバーの着脱ができないということです。
今回は障害物である木枠から、15mmほど離してエンドブラケットを設置しました。
こういうのは、気づきにくい点なので注意が必要です。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-08 18:16 | バリアーフリー | Trackback | Comments(0)

トイレ手すりとペーパーホルダー

b0003400_1811837.jpg

トイレ内にL型手すりを設置したところです。
そのままでは、L型手すりの横棒にペーパーホルダーが当たってしまうため、ペーパーホルダーを下げてみました。

ペーパーホルダーを下げるに際しては、下げすぎると使い勝手が悪くなるため、ぎりぎりの高さを狙うことになります。
こちらでは、既存のペーパーホルダーが、フラップを上に跳ね上げてペーパーを交換するタイプであったため、横から交換するタイプよりも、数センチ余計に下げる必要がありました。
それであっても、利用者さんが問題なく使えるということで、既存のペーパーホルダーを用いています。
これが、余計に下げた数センチによって、使いにくくなってしまうのならば、横から交換するタイプに変更する必要があります。
こういうのは事前のチェックしておかないと、作業終盤であたふたすることになります。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-08-02 18:14 | バリアーフリー | Trackback | Comments(0)

縞鋼板の水勾配

b0003400_1881813.jpg

踏み板が縞鋼板(チェッカープレート)となっている外階段です。
縞鋼板とは、通常の真っ平らな鋼板とは違って、滑り止めの出っ張りがついている鋼板です。
出っ張りがついているゆえ、真っ平らなものと比べると、水はけがよくありません。
そのため、水が溜まらないよう、勾配を強くつける必要があります。
勾配を強くつけなかった場合には、水が溜まって錆が発生しやすくなるということです。

こちらでは、踏み板手前に向かって水が流れるように、強く勾配をつけなければならなかったところ、そうしなかったようです。
踏み板の奥のほうに、後から補修を行い、ペンキを塗った痕がありました。

このような外階段の踏み板では、奥と手前で1cmぐらいの高低差をつけておくべきです。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-07-31 20:28 | 建築工事 | Trackback | Comments(0)

アルミ製目隠しフェンス

b0003400_19113398.jpg

既存のウッドデッキの手すりを高くして、隣家との目隠しフェンスとしてみました。
材料は、今までがスチール支柱に人工木の格子材を取り付けていたところ、今回はスチール支柱を流用してアルミ製の横格子としてみました。

手すりから目隠しにするにあたって、高さを上げるために、スチール支柱にアルミ製アングル材を背負わせています。
アルミ製なので強度の面では不利ではありますが、建物間に挟まれている場所であり、強い風が吹きつけることがないということで、錆の点で有利なアルミ製としています。
これが、隣家との目隠しではなく、道路からの目隠しであったなら、強風に対する配慮が重要になってきます。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-07-28 18:24 | 住宅建築 | Trackback | Comments(0)

網代風クロス

b0003400_928499.jpg

和室の天井に、網代風のクロスが貼ってありました。
ちょっと見ただけでは、まったく気になりません。

これは、本物であるのか、柄を似せただけのクロスであるのかが、気にならないのではなく、違和感がないので気にならないということです。
本物の素材であっても、和室に似合わないものが貼られていれば気になります。

また天井ゆえ、じっくり見ることも少ないため、気にならないということもあると思います。
日中に伏せっているようなことがあれば、気になるかも知れませんが。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-07-27 21:07 | 住宅建築 | Trackback | Comments(0)

勝手口での作業

b0003400_18462177.jpg

勝手口付近で、リフォーム工事の作業を行っているところです。
一般に勝手口は家の裏手にあたる場所に位置していることが多く、外部に充分な作業スペースがないことがよくあります。
そのような場合、台所を片付けて作業スペースを確保したり、家の中を通って庭先で作業を行うことになります。
その点、こちらでは勝手口外部に充分な作業スペースがあったため、作業を行いやすい現場といえます。

ただ、このような場所では、夏場は朝から蚊に悩まされます。
昨今では蚊が媒介する感染症などが怖いため、蚊取り線香、虫除けスプレー等、必須の現場といえます。
いいことばかりではありません。
[PR]
# by safetycap01 | 2016-07-26 17:59 | 大工仕事 | Trackback | Comments(0)